読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アダプタの購入ならココのお店~!デジタルオーディオミニアンプ

あとは寿命はどうかは分らないが!3年以上の機能維持は期待したい。 張りのある高音の伸びはアナログアンプを越えた満足なものでした。#WAYマルチのウーハー用にしようと思いますが!はたして・・・とてもいい音がします。

こちらです♪

2017年03月05日 ランキング上位商品↑

デジタルオーディオミニアンプ アダプタSA-98E デジタルオーディオミニアンプ 高音質TDA7498E搭載 ACアダプタつき

詳しくはこちら b y 楽 天

フロントパネルのデザインは、好みではないので目立たないブラックを選択。一番興味のある比較でした。所有のアンプより!ずっといい音です。せっかく本体を良い設計して世に送り出しても!電源や配線もしっかりしないと!「やはり中華だ」と言われちゃいますよこれでは^^;そこだけ惜しいですが!コストパフォーマンス的には良すぎますし!アンプ本体はとても良い商品と思います!多くの口コミを呼んでもお分かりのように大変良い音です。音も厚味がました感じでスピーカー&プレーイヤーも買い直しです。1万円程度なら万一気に入らなくてもいいかと思っていました。不良品かと思いましたが、ノブの縁が本体と擦れていただけでした。イベント等の手伝いで!これらのアナログアンプをイベントに持込み使用していましたが!15kg程のアンプ持運びが大変でした。でも電源が・・某尼ZONで購入したら2日目にACアダプター故障し返品となりました。Soulnote sa1.0の出力は本機の160Wに対してわずか20W。高能率スピーカーを使うと本機のアドバンテージが減少します。cost performanceがよくお薦めです。微妙な金額で心配してましたが、十分な音で大満足です。昔のロートル重量級パワーアンプに引けをとりません。TDA74XX系がデジタルアンプの中ではアナログに近い音質と評価している人もいるようなので!購入してみました。電源スイッチはプッシュタイプですが、本体が小さいのでプッシュする際に押しづらいので、少し大きめな形状のトグルスイッチの方が良いと思いました。SA-S3は本機よりも中高域の華やかさ、低域の膨らみが増して楽しく聞けますが、飽きの来ないのはSA-98Eかも。なにをやっているやら?おすすめです。特にクラッシックは、高域までスコーンと抜けていきます。今回はそれとは明らかに違うACアダプターですが出力はちゃんとされているのでヨシとします。イコライザーを通しての使用ですが、レコードプレーヤーからの音源はノイズが気になります。本機はLP2020Aに比べるとやや音の厚み!艶を増した感じですが差はごく僅か。音楽ソースを素直に出してくれるので!どんなジャンルの音楽を聴いていても楽しいです。使用感は値段から言えば満足です。国産アンプ出力120ワットにスピーカー2台!SA-98Eにスピーカー2台を接続して4時間に亘り鳴らし続けましたが!びっくらぽん!!!。低音も低い帯域まで再現され、締りのある音なので、気持ちいいですよ。アンプについては素人ですが、今回購入した中華アンプ(SA-98Eデジタルオーディオアンプ )にびっくらぽんです。本体と擦れないところまでボリュームノブを引いてやれば問題ないです。お勧めです。 ボリュームを回す際に少し重さを感じるような改善が欲しいと思います。ボリュームノブをまわすとガリガリと音が。中古品を探しても1万以上する物ばかり!安いと思うと20年以上前の物。期待通リ迫力満点でした。Lepy2024Aを買いまして!良かったのでSA-98Eに速!走りました。使用していたパワーアンプ(1974年製のラックス・管球A3700)が壊れて修理に出したら10万円必要となり!代替えアンプの購入検討をしていました。これから購入を検討されている方は、話のタネに購入をお勧めします。(あくまでも音質について素人ですが・・・)やっぱ新品はいいですよ。肝心な音ですが!高音域の抜けが良く低音域も良く出ています。音の厚みも全域にわたってsa1.0が価格の差どおりにでました。SA-98Eのボリュームは11時の位置、アナログアンプも11時の位置で鳴らしました。音質はチョット硬めですがメリハリの効いた音色で満足しています。なんか!この値段で得した気分です。ただあのジャックは近くのマルツ電波にも置いてない特殊なモノみたいです。しかし、せっかくこれだけのパワーと音質があるのに、アダプターのコードが貧弱すぎます;;本体のDC INにつながる線もそうですが、ACコンセントの線も国内の通常商品なら0.75ですが0.5仕様^^;こんなところコストダウンしなくても千円アップぐらいまでなら、良い配線使った方が音質にも良いと思いますし、その方が日本では売れると思いますがね・・・。 出力も片チャネル160ワットと十分な仕様なので、イベント等に使用してみようと購入しました。1万円で買い得です。低音はスピーカー次第なところもありますが!スピーカーの持っている能力を最大限引き出してくれそうな気配なので!大型のスピーカーを購入してみるしかないかなと思ったり^^BOSEのスピーカーとかなら小型でも過大入力の大きいものが多いので!スペース的に大型スピーカーが置けない場合はなかなか良いかもしれません。本体より電源がデカイですね。まーあー音的には満足です。音質はとてもいいです。いろいろデジタルアンプを買い替えましたが音質はアナログに近い音でした。一長一短で優劣不明。ネットで指摘されている半田不良、ホワイトノイズ、ギャングエラーなどはなし。作りはSA36Aの方が良く出来ていました。中低音はアナログアンプと変わらないように感じました。国産アナログアンプは数台所有していますが、アンプについては全くの素人ですので、専門的視点のレビューではありません。やはり「デジタルアンプの音」という感じはまだ感じますが、とても良い音です。期待しないで試しに購入した人なら!ビックリな高音質で!お買い得と感じるに違いない商品と思います。購入してCDを2,3枚聞いただけですがもう少し聞き比べてみたいと思います。・・・・ところがどっこい・・・マッキンのC40のプリを介して鳴らしたところ目から鱗の感動物でした。高音はスッキリハッキリでキレが良く、低音はこのアンプがパワーがあるだけにしっかりした低音を出します。本体、および電源部の熱は感じませんでしたので、放熱対策も問題ないようです。MONOに改造するべく追加購入です。始めからこちらを買うべきでした。2個購入して2個とも同じ状態だったので!やはり中華品質と苦笑いです。今までは、TA2041KITを使ってましたが、SA-98Eの音質は、音の帯域が広く、立ち上がり、切れ味がよいです。 コンサートではありませんので!特に大音量は必要なく!音量は11時のボリューム位置でホール隅々に響き渡りました。買い得です。しかし、オクで数万円で取引されている20年以上前の高級機との比較では多分こちらが勝つでしょう。 この重さは持ち運びするには魅力でもありました。カーステのパワーアンプも、このアンプに買い替えようかと思いました。 今回購入したSA-98Eは、別置きの電源部を含め1.5kg程。 双方のアンプの音量はほぼ同じでたので、全く違和感なしで、ボリュームコントロールは正しいと思いました。中華アンプなので期待してませんでしたが!めっちゃ良い音です。遜色ないです。形は小さく少し不安でしたが、PC内の音楽を聴くには十分です。中高域は繊細感、分解能でsa1.0が優るのは当然として、低域の音圧、レンジもsa1.0の圧勝。で!結論ですが!私としてはこれを引き続き使うため最新!小型!低能率スピーカーをオクで探そうと思っています。バイワイヤリングの低音部のアンプとしても遜色ないみたいです。 スピーカー損傷?等!これもびっくらぽんになります。以前からデジタルアンプの使用者のレビューやYOUtubeでの評価を見て購入を決断。ボリュームは軽く高級感はありませんが購入して満足です。SA78Eを上から見るとブルーの光が隙間から漏れていました。良い音を聞きたい訳じゃなく、壁に設置されたBOSEのスピーカからTVの音を出したくて、アンプを探してました。 ということで、国産に拘らなければ、また見栄を張らなければ、SA-98Eデジタルオーディオアンプで場所も取らず、アンプ代1万円程で立派に音響環境が作れると思います。でもやはり昔から定番のブックシェルフ型の大型3ウェイスピーカーを鳴らしたくなる製品です。(笑安いので、あと2台くらいは欲しいかも・・・。中華デジタルアンプの存在は以前から知っていましたが!イベント等に使用するのは馬鹿げていると思っていましたし!多くの方もそう思っていると思います。今回はゴールドを購入!ボユームと本体の色が違いボユームの方が濃い色でした。 敢えて改善点を申し上げると、ボリュームが軽く回ってしまうので、間違っても最大ボリューム位置で電源オンしないことです。スピーカーはS-HE100、MCカートリッジDL-301-2を使用し上記三機種の比較を行いました。 品質については未知数ですし!600平方mもある大きなダンスホールで使用するには相応の音量が必要ですので!イベント使用中に壊れたらどうしよう!なんて頭の片隅にあったのは事実です。